南砺市医師会会長からのご挨拶

南砺市医師会は、町村合併に伴う南砺市の誕生とともに、平成18年10月に誕生しました。現在、活動している会員数は開業医21名、勤務医23名の小さな医師会です。地域医療への貢献が私たちの使命であり、この使命を全うするために今後も努力していきます。

 

 

 

当医師会の活動内容は、

 

1. 各種事業への参加協力

特定健診・胃癌検診・予防接種・学校健診を通して地域住民の健康保持・増進、疾病の発症予防早期発見に努めます。

 

2. 病診連携のさらなる強化

公的病院との連携を密とし、24時間切れ目なく地域住民に安定した医療を享受できるよう努めます。

 

3. 地域医療連携システムの拡充化

南砺市では独自の在宅並びに終末期医療システムを実践してきましたが、今後は介護施設等とも協力し、在宅から施設までを含めたシームレスな環境を整えていきたいと思います。

 

4. 災害や新型インフルエンザ等に対する備え

大規模災害や、新型インフルエンザ発生時に対する対応に関して南砺市との協議の場がまだありません。今後は非常時に何ができるかを考えていきたいと思います。

 

5. 学術講演会の実施

常に新しい医学知識を習得のため、学術講演会を定期的に実施していきたいと思います。
また、行政機関と緊密に連絡を取り、住民の公衆衛生に貢献していきたいと思います。

 

令和元年5月
南砺市医師会会長 松 智彦